セットなしのステージ

BeeFILでは、自分でセットを用意しても、一度デフォルトで設定されているセットが表示されてしまいます。
(新しくリリースされるT2VBuilder2では、自分で用意したセットを独自に設定することが可能です。)
ですが、TVMLではセットを用意するコマンドを省くことで、BeeFILで表示されるセットを映さずに、別のセットを表示させることが出来ます。
以下、例

//スキップ開始
skipscript( switch=on )

//キャラクターの表示
character: openmodel( model=modelA, filename=Characters/maiko/maiko)
character: casting( name=A, model=modelA )
character: setvoice(name=A, voicetype=VoiceSommelier:Voice07)
character: visible( name=A, switch=on )
character: action(name=A, action=”idle_move_blink”, wrapmode=loop, layer=0, wait=no)
character: position(name=A, x=-1.2, y=0.7, z=1.0, ry=15.0)
character:definepose( name=A, pose=stand_def, joint=LeftUpperArm, rz=-40)
character:definepose( name=A, pose=stand_def, joint=RightUpperArm, rz=40)
character:pose( name=A, pose=stand_def)//! CharacterData

//カメラの配置
camera: position(name=Acam, x=0.0, y=1, z=4, ry=180, rx=0, vangle=50)
camera: position(name=Bcam, x=-1.2, y=1, z=4, ry=180, rx=0, vangle=50)

//ライトの配置
light: point(name=LP1,r=1.0, g=1.0, b=1.0, x=0.5, y=1.0, z=-5.0)
light: point(name=LP2, r=1.0, g=1.0, b=1.0, x=0.0, y=0.0, z=-1.0)
light: point(name=LP3, r=1.0, g=1.0, b=1.0, x=2.0, y=0.0, z=4.0)
light: ambient(name=LA1, r=1.0, g=1.0, b=1.0)

//messageboardオブジェクト定義
prop: openmodel(name=messageboard_simple, filename=”Sets/RankingSet_simple/messageboard_simple”)
prop: position( name=messageboard_simple, x=0.0, y=0.2, z=1.5, rx=0.00, ry=0.00, rz=0.00, scale=1.0)

//backboardオブジェクト定義
prop: openmodel(name=videoboard_cyber, filename=Sets/rankingframe_16x9/videoboard_simple_16x9)
prop: position( name=videoboard_cyber, x=0.00, y=1.6, z=-0.50, rx=0.00, ry=0.00, rz=0.00, scale=1.00 )

//足場
prop: openmodel(name=block_cyber_stand, filename=”Sets/RankingSet_simple/block_checker”)
prop: position( name=block_cyber_stand, x=-1.2, y=0.7, z=1.0)

//字幕の表示
setcaption(fontsize=28, y=-33%,width=85%, height=20%)

//スキップ終了
skipscript(switch=off)

上記のコマンドの中に自分が用意したセットを表示させるコマンドを入れれば最初から自分の用意したセットのみが表示されます。
セットの作り方は以下のURLを参照
背景の変更 – その1
背景の変更 – その2

setnull

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です