初めての方へ T2V MANUAL

はじめに

T2Vビルダーは、複雑な操作を必要としません。ブログ感覚で文章を入力するだけで、キャラクターが音声合成技術によって文書を読み上げてくれます。また指定されたコマンドを記述すれば、キャラクターやセットを操作することもできるのです。
つまり、あなたは台本を書くだけで、動画を作成することができるのです。

使い方はシンプル!

A:こんにちは

このように記述することで、「A」というキャラクターに「こんにちは」としゃべらせることができます。(キャラクターが1人の時には「A:」は省略することができます。)

キャラクターを動かすなど、しゃべらせる以外のことをさせるためには、

A:(後ろを見る)

などのカッコ()で囲まれたコマンドを文章の中に挿入するだけで、キャラクターがその通りに動いてくれます。

まずは、こちらのページにあるサンプル台本を使ってT2Vビルダーを体験してみてください。

準備

T2Vビルダーは、Windows向けのアプリケーションです。ご利用にはインストールが必要です。

T2Vビルダーのインストール

ダウンロードページより、圧縮ファイル(T2VBuilderInstaller.zip)をダウンロードします。圧縮ファイルは、ファイルを右クリック->全て展開…で解凍します。

install

解凍して出来たT2VBuilderInstallerフォルダへ移動し、付属するインストール手順書(インストール方法簡易版_*.txt)に従って、T2Vビルダーをインストールします。

T2Vビルダーを起動する

インストール後、デスクトップ上に追加されるT2VBuilder.exeのショートカットをダブルクリックし、T2Vビルダーを起動します。

icon

起動後、設定ウィンドウが表示されます。後述の設定項目を確認・変更の上、Play!ボタンを押します。
t2vbuilder_config

※ 設定ウィンドウで設定可能な項目について

・グラフィック設定(Graphics quality)は、台本再生時の見た目や録画時の画質を向上させるために、Fantastic(最高画質)を選択することをおすすめします。お使いのPCの性能に応じて、適切なレベルを選択してください。
・画面解像度(screen resolution)は、録画機能を使う際に生成される動画のフレームサイズとなります。指定が無ければ、1280×720(HD)を選択します。

台本を書く準備をしよう!

画面説明

Play!ボタンを押すと、T2Vビルダーが立ち上がります。各ボタンの役割と機能は下記の通りです。
t2vbuilder_説明

Step1

まずは、「キャラクター切り替え」をクリックしてください。
この画面で、好きなキャラを選択します。まずは「青空ヒロメ」を選択してみましょう。

char_select

Step2

「背景セット切り替え」をクリックして、「cyber」を選択してください。

背景セット切り替え

Step3

これで、下の画面のように、作成準備が整いました。

t2vbuilder_説明_2

それでは、「編集ツールボタン」をクリックしてください。

Step4

下記の画面が表示されたら、鉛筆アイコンの描かれた「執筆ボタン」をクリックしてください。

t2vbuilder_説明_6

下記の画面のように、Windowsのメモ帳が起動します。

メモ帳

これで台本を書く準備が整いました!

台本を再生してみよう!

下記の文章をメモ帳にコピー&ペーストします。
文章内で()付きで記載されているものが、T2Vの「コマンド」になります。

=【サンプル文】====

(1秒待つ)
みなさん、こんにちは!(同時)
(おじぎ)
「おひろめキャスター」の青空ヒロメです。
(1秒待つ)
私のお仕事は
みんなの大好きなものや
大切なものを
お披露目してあげることなんです!
(飛び跳ねる)(同時)
うれしいときには、飛び跳ねたり、
(ブリリアント!)
こんな風に、星を出したり
時には
(ガーン)(同時)
って、ショックを受けて。。。
(1秒待つ)
たくさんのリアクションで
(右手で示す)(同時)
みんなの情報を
お披露目しますので、
(Acamカメラ切り替え)
よろしくお願いします!(同時)
(おじぎ)

=【サンプル文 終わり】====

テキスト文

サンプルテキストをコピー&ペーストできたら、メモ帳のメニューから「ファイル」を選択し、「新規」を選んで保存します。
保存場所とファイル名は任意で構いませんが、ここでは「test.txt」をデスクトップ(C:\Users\ユーザー名\Desktop)へ保存します。保存が完了したら、メモ帳を閉じてください。

Step5

次に、「オープンボタン」を押して、ボタンを操作して保存先の場所まで移動します。ファイルを選択して「OK」ボタンを押すと、先ほどのテキストが T2Vビルダーに読み込まれます。

t2vbuilder_説明_9

t2vbuilder_説明_4

上記画面のように読み込みが完了したら、「全再生ボタン」をクリックしてください。用意した台本に従い、再生が開始します。

t2vbuilder_説明_7

途中から再生したいとき

台本を途中から再生したい場合、編集画面で途中から再生したい行をクリックし、入力カーソルを移動させます。その状態で「再生ボタン」を押すと、指定した行から再生されます。

play

これで、基本の操作説明は終わりです。次ページ以降では、もっと深くT2Vビルダーを活用するための方法をご紹介します。